プロフィール

神林光二(P.N. かんば こうじ)

19○○年3月7日大分県生まれ。-----典型的B型(^^)

2才の時に家族で上京,子供の時は工作ばかりして過ごす。

千代田区富士見小学校,九段中学,海城高校(当時は滑り止め(;_;)

多摩美術大学中退後フリーとなる。

イラストレーター(かんばサイエンスグラフィック)として活動。

工作好き高じて誠文堂新光社刊「子供の科学」に「簡単工作」を連載中。

 

153-0053

東京都目黒区五本木2-28-12  tel. 03-3719-5605


今までに作った最も手の込んだ工作

 6×9判一眼レフを手作りし,その水中ケースを手作り,水中写真を撮る

 

6×9判水中カメラ
6×9判水中カメラ
6×9判一眼レフ自作カメラ   フィルム巻き上げと同時にシャッターチャージが行われるセルフコッキング。巻き上げレバーは水中ケースの外から差し込む。
6×9判一眼レフ自作カメラ   フィルム巻き上げと同時にシャッターチャージが行われるセルフコッキング。巻き上げレバーは水中ケースの外から差し込む。

カメラの説明

左の写真 上のバーの大きい黒い物は水中移動用のコンパス。その横にはストロボホルダー(左右に2個)。黄色い物はウエイト(1個1kg)これがないと浮いてしまう。ウエイトの下の黒いバーはカメラの絞り,下の丸い物はピントリング。後の上黒い物はストロボコネクター。その上のボディ三角部分はファインダーで3枚の表面鏡を使って正立正像を得ることができる。

中の写真 左の縦の棒はグリップ,右側は常にピントリングをつかんでいるためない。

自作カメラで撮ったモルジブのサメ(クリックで拡大)
自作カメラで撮ったモルジブのサメ(クリックで拡大)
ギンガメアジ(魚眼レンズ)
ギンガメアジ(魚眼レンズ)
ニシキウミウシ(広角レンズ逆向き装着)
ニシキウミウシ(広角レンズ逆向き装着)

 

 1960年代プラモデルブームの一翼を担った山田模型開発設計者の波乱に富んだ遺稿自叙伝。

押せばお湯が出る「エアーポット」の開発秘話も。山田模型で父が設計した「ビックリ分解自動車」は現在も他メーカーから復刻版として売られています。表紙のプラモデルの箱の絵も父の作品です。

 


Jimdo

このホームページはJIMDOで作られています

かんばこうじの輪ゴムで動く工作集(本)

走ったり空を飛んだり,輪ゴムで動く楽しい工作集

クリックで内容確認できます